クリニック開業の相談

クリニック開業の書類準備

クリニックの開業に必要な書類

クリニックを開業するには、さまざまな書類を用意する必要があります。まず、保健所に「診療所開設届」、厚生局に「保険医療機関指定申請書」と「基本診療料の施設基準等に係る届出書」を提出しなければなりません。また、クリニックで従業員を雇う場合には、社会保険事務所に「健康保険・厚生年金保険新規適用届」、「新規適用事業所現況書」、「健康保険・厚生年金保険被保険者資格取得届」、「健康保険被扶養者届」などを提出します。労働基準監督署に、「労働保険・保険関係成立届」と「労働保険概算・確定保険料申告書」、公共職業安定所に「雇用保険適用事業所設置届」と「雇用保険被保険者資格取得届」などの必要書類を出しましょう。

開業の際の必要書類と事前相談

新規にクリニックを開業する際、保健所に提出しなければならない必要書類があります。それは、診療所開設届という書類になります。しかし、保健所に届け出てもスムーズに受理される可能性は低くなっています。その理由は、高い確率でクリニックの院内レイアウトなどについて指導が入るためです。できるだけスムーズに受理されるために、事前相談をしておく必要があります。事前相談では、診療所開設届の書き方などの説明を受けるようにしなければなりません。同時に、院内レイアウトなどの設備に関するアドバイスも受けておくと役立ちます。

↑PAGE TOP